MENU

見た目が若い50歳代の特徴

プラセンタエキス

 

スポイトから滴る美容液

見た目が若い50代は、顔の若返りのためにアンチエイジング化粧品を使っているという特徴があります。

 

アンチエイジングに効果的な成分はプラセンタエキスです。プラセンタは胎盤という意味で、そこから抽出したエキスは美容に良い効果をもたらします。

 

例えばホルモンバランスを整えたり、肌のターンオーバーを促進したりすることです。どちらも加齢に伴って衰えていくものなので、年齢を感じやすくなった50代には嬉しい効果です。プラセンタにこれらの効果が期待できるのは、アミノ酸やビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいるためです。

 

胎盤は母体と胎児をつなぐものであり、胎児が十分な栄養を摂取するのに欠かせない存在です。プラセンタエキスに含まれる核酸は、新陳代謝や遺伝子の修復に関係しているため、アンチエイジングにとても重要です。

 

アンチエイジング化粧品には他にもヒアルロン酸やEGFなど様々な有効成分があるので、自分の肌の状態に合わせて成分を選ぶと若く見られるようになります。

 

食事

 

また若く見える人は食事にも気をつかっています。人間の体は食べた物の栄養素でできているため、食事を粗末にすると肌にも悪い影響が出ます。肌が老化する原因は乾燥や紫外線だけでなく、酸化と糖化も含まれています。

 

脂っこい食事を続けると細胞の酸化が促進され、甘い物をたくさん食べると糖化を引き起こします。どちらも細胞がダメージを受けることで、シミやシワなどの老化現象につながります。見た目を若くするということは、細胞を若い状態で保つということなので、栄養バランスが取れた食生活を意識している人が多いです。

 

野菜中心の食事

 

野菜中心の食事

老けて見える人は肉中心の傾向がありますが、若く見える人は野菜中心です。野菜にはビタミン類が豊富に含まれているので、肌や粘膜を健康に保つことができます。

 

食物繊維も多いので、便秘が解消して腸内環境が正常になると内側から美しくなれます。野菜は色鮮やかなものが多いですが、これはフィトケミカルを含んでいるためです。

 

野菜が紫外線や乾燥など厳しい環境でも発育できるように生成するのがフィトケミカルで、ポリフェノールやカロテノイドなどが有名です。トマトが綺麗な赤色をしているのも、ポリフェノールの一種であるリコピンが含まれているためで、リコピンは美白効果がビタミンCの100倍もあります。

 

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、一度にたくさん摂取しても体内にはとどまらず尿と一緒に排出されてしまいます。よってレモンや小松菜などを定期的に食べなければなりません。リコピンも同じように体内には蓄積されない成分ですが、手軽にトマトジュースを飲むだけで摂取できるため、ストレスなく続けられます。野菜は抗酸化作用によって細胞の酸化を防ぐので、シミやシワができにくい人になります。

 

緑茶

 

緑茶を飲んでいる人も抗酸化作用が働いているため、若く見られることがあります。緑茶に含まれるカテキンもポリフェノールの一種で、増えすぎた活性酸素を除去してくれます。紫外線は家の中にも入っているので、食事中や水分補給のために緑茶を飲んでいるだけで自然と老化を防いでいる可能性があります。

 

運動

 

運動

さらに50代でも体を動かすことを好む人が多いのも特徴的です。年齢を重ねると体が重くなって運動不足になりがちですが、いつまでも若い人は定期的に運動しています。

 

運動をすると体温が上がって無駄な脂肪を燃焼しやすくなります。特に顔に余分な脂肪が付いていると、たるみにつながるので体重管理は大切です。

 

また代謝が上がると肌のターンオーバーも促進されます。ただし運動といっても激しい運動は行っていません。息を切らすほどの運動をすると、酸素をたくさん吸い込む必要があります。すると体内では活性酸素が大量に生成されることで、かえって老化を進めてしまいます。

 

ウォーキング・ジョギング・ストレッチ

 

化粧品や食事で細胞の老化を防いでも意味がなくなるため、ウォーキングやジョギングなどの軽い運動を行います。ストレッチも活性酸素を増やさないで取り組める運動の一つです。ストレッチを習慣にすると筋肉が柔軟になって、関節の可動域も若い頃のように広くなります。

 

ストレッチ

凝り固まった筋肉がほぐれると血行も良くなるため、冷え性改善にも効果的です。

 

顔が老けて見える理由に肌色のくすみがありますが、これは冷え性の人に多く冷えが取れるだけで顔色がワントーン明るくなります。

 

ウォーキングやジョギングの前にストレッチを行うと、安全に体を動かすことができます。これらの運動は敏捷性などのポテンシャルが高くなくても実践できるので、アンチエイジングのために続けている人が多いです。

 

最後に

 

50代になってもスキンケアや食事、運動に注意していれば、若く見られることは不可能ではありません。 

 

若く見えると周りから褒められることで気持ちが明るくなり、ストレスを解消できればさらに活性酸素の生成を抑えられるので、老化を遅らせることができ良いスパイラルに入ります。