MENU

見た目を若くするためにおすすめの食事

 

顔の若返りにおすすめな食事は、全体的には血液や筋肉を支えるための栄養が豊富で、色彩のバランスも同時に優れています。

 

品目数が多いことも特徴で、体質に適応する味付けになっているため、一つだけの栄養が極端に少なくなることがありません。

 

特別に珍しいものを使うことがなくても、身近な食材で理想的な食事にすることが可能ですから、積極的に作るようにしましょう。

 

顔に潤いを与える食事

 

理想的な食事

顔に潤いを与えるコラーゲンを豊富にしたい場合には、鶏肉と大根の煮物を主菜にして、ビタミンCが豊富なジャガイモのサラダを副菜にする食事がおすすめです。

 

鶏肉と一緒に大根を煮込むと、消化酵素の影響もあって胃腸に優しい内容になります。

 

鶏肉にはコラーゲンが豊富なだけでなく、ミネラルなどもしっかりと含まれていますから、食事に加えれば美容にも役立つことになります。この食事では、余った大根の葉をご飯に混ぜて使うようにすれば、カルシウムや鉄分も含めて摂取できます。

 

顔の若返りのための食事

 

皮膚の若返りのためには、コラーゲンの他にはセラミドも同様に重要ですから、食事の中に加えていきます。

セラミドが豊富なコンニャクに対して、ビタミンB1が多い豚肉を合わせて煮物にします。この料理を主菜にして、副菜にはコンニャクと豆腐を合わせて白和えを作ります。

 

この白和えにはセサミンやビタミンEなどの美容成分が含まれる胡麻も加えるため、若返りにとっては理想的な内容になります。汁物は豆腐とワカメの味噌汁を作り、仕上げには辛味成分が豊富なネギをたっぷりと加えて完成させます。

 

ご飯には大豆を混ぜておくと、鉄分やイソフラボンの摂取量は大幅に増えます。この食事の構成では、コンニャクのセラミドを中心にして、複合的に作用する健康成分を副菜や汁物料理からも摂取する形になります。

 

魚介類中心

 

魚介類中心

顔の若返りに役立つ食事で、魚介類を主役にする場合には、タコを使った煮物を加えていきます。

 

タコには疲労回復成分のタウリンが多いことから、全体的な美容にとっても役立つものです。

 

タコは大根と一緒に煮込むことで、味わいが豊かになりますが、消化も促進する内容になります。

 

副菜としては、貝類と海藻の酢の物を添えると、亜鉛などのミネラルも同時に摂取できることが魅力です。タコとキュウリを和え物にしたり、ウニの塩辛を茹でたジャガイモに添えるなどして副菜にする場合でも、各種の栄養をたっぷりと摂取できます。

 

味噌汁

 

味噌汁はゴボウや大根などの具材を豊富にして、集め汁の形にすると、美容に必要な成分をたっぷりと摂取できます。この場合に大切なのは、味噌は大豆だけで作る豆味噌を使うことです。豆味噌を使うと、タンパク質やミネラルの量が大幅に増えるだけでなく、抗酸化に必要なメラノイジンという成分も摂取できることが魅力です。

 

中華料理

 

中華料理

中華料理の食事にするときには、医食同源の思想を大切にして作ることもおすすめです。

 

スッポンや高麗人参などの薬膳食材を用いて、スープ料理や中華粥を作ることは、顔の若返りにとっても有効です。

 

人参は細かい状態で刻んで、枸杞子や生姜などの薬膳食材と合わせて、食事中のお茶として利用すると健康的です。

 

中華料理の構成を考える場合には、最後のデザートも同様に重要です。杏仁豆腐などを最後に添えることで、身も心も満足する食事に変わりますから、食事の余韻も含めて楽しめるようになります。

 

西洋料理

 

西洋料理の食事で若返りを進める場合には、ハーブを賢く使うことも大切です。気分が優れない場合には、スープには芳香が素晴らしいタイムやローズマリーなどを加えると効果的です。

 

主菜として肉類の煮込み料理を作るときには、フェンネルやナツメグなどのスパイスを使うことで、消化を促進することができます。辛味のあるスパイスを食事で使うと、発汗によって血流も促進して、皮膚の表面の健康状態も良くなります。

 

まとめ

 

健康状態を良くするための食事

健康状態を良くするために、いつもの食事では食べ過ぎは十分に注意しながら、腹八分目に抑えることも重要です。

 

控えめな量でも満腹感を得るためには、歯ごたえのある食材を多用することが大切です。

 

例えば、副菜にはタケノコや茎ワカメなどの食材を使った炒め物や煮物を添えるだけで、咀嚼の回数を簡単に増やすことができます。

 

よく噛む食事を実践すると、顔の筋肉も鍛えることができますから、柔らかいものを好む人は実践することがおすすめです。顔の表面の美しさは、内臓の健康状態に左右されることが少なくないため、食事では発酵食品を利用して腸内フローラを充実させることも重要です。

 

納豆を食事の副菜にすれば、イソフラボンやタンパク質などの基礎的な栄養だけでなく、酵素のナットウキナーゼを摂取できます。乳酸発酵の漬物を添えると、食物繊維と乳酸菌を同時に摂取できるため、腸内環境を改善するためには最適です。

 

発酵食品が豊富な食事を楽しむ人は、醸された風味を楽しみながら、圧倒的に豊富な美容成分を無意識のうちに摂取しているため、いつまでも若々しさを保つことができるのです。